BONGO BEAT

bongo logoBongo Comics, the independent comic book company owned by Matt Groening, has finally joined the 1990s and will launch a website tomorrow, which will feature news items, blog posts, and, most amazing of all, a list of “all Matt Groening’s comic-book, trade-book, and calendar publications.” Bongo, which publishes Simpsons, Futurama, and NewsRadio comics, has owned the domain www.bongocomics.com since 1996 but until now only used it for e-mail purposes.

Still no word on the long-dormant MattGroening.com, which has been “under construction” since 2000. [The Beat]

BONGO BEAT

JASON HONOTE: This manga review is courtesy of our news partner, AnimeJihad.

バートシンプソンシリーズはMatsumoto Groeningにボンゴコミックスから発行され、通常のシンプソンズのコミックスよりも見た目若い読者のために意図。それはやや時代遅れのリトルルルのような過去の無害な少年漫画です。私は間違いなく、カバー、特に影響を見ることができます。この問題は、漫画の他の領域、それぞれ特定の描画スタイルシンプソンズの世界に適応し、それを様々な多くのことから多くのアーティストが含まれます。

SERGIO ARAGONES最初の話は、”サウンドとフラリー、”Carol Layに待ち伏せるサロンの漫画を行うために使用さによって行われた。その中で、バートはコミック擬音語のすべての種類 – ドンマーティン敬意を表し、おそらく書き留めばなりませんか?物語は継続ボンゴコミックス商標です私の趣味のための少し余りにメタ漫画でした。

GILBERT HERNANDEZ2番目の物語は、”マギーのベビーベッドは、”Sergio Aragonesのバートは、ステートフェアで楽しむことができるので、マギーは彼女のおむつをうんちが含まれます。それが面白い漫画だったし、マギーはショーがあるのを忘れ、実際の赤ん坊のように扱わ見ていいですね。

“ホーマーシンプソンは:チックマグネット”Gilbert Hernandezラブ&ロケッツによるホーマーは雛をたくさん集めについて奇妙な話でした。私はGilbert適応をoverbites彼のおなじみのスタイルを楽しんだ。プロットは少し(奇妙な関係漫画はまだありません再び)ですが、Gilbert’sにの対話タスクに上昇、私は特にビキニの女性とのシーンが好きです。

“おびえたTentlessは”かなり忘れChris YamberにとMike Kazalehのバックアップの話です。私はKazalehのインクのスキルが好きです。

[MONTHLY MANGA REVIEW: BART SIMPSON #52]

BONGO BEAT

Girl draws an anime version of The Simpsons which gets posted all over the internet, gets a job offer from the comics company that makes Simpsons comics. More people on DeviantArt try anime-izing other Western cartoons in attempt to achieve their own 15 minutes of internet fame. Digg, modest as ever, downplays its role, if any, in parlaying the job offer. [The Star]